top of page

沐浴クラスでトライしてほしいこと

更新日:2023年2月7日


こんにちは!

みあれ助産院です😀


先日、港区の両親学級をお手伝いしてきました。

たくさんのママ・パパにお会いできてうれしかったです☺️


両親学級といえば、赤ちゃんをお風呂に入れてあげる沐浴体験が定番🛁

今日は、この沐浴体験のときに、ぜひトライしていただきたいことについてご紹介いたしますね✨✨


わたしが沐浴体験のときに、ぜひぜひトライしていただきたいと思っているのは

赤ちゃんの頭の支え方です。


これが赤ちゃんのお世話をしていく上で、めちゃくちゃ大切なんです。


赤ちゃんの頭の支え方を練習するメリットその1

まず、沐浴をするとき、赤ちゃんは結構暴れます👶

しかもびっくりするくらい力が強い😂

石けんでヌルヌルの手で滑らずに赤ちゃんを支えてあげるためには、コツが必要👍


赤ちゃんの頭の支え方を練習するメリットその2

上手な頭の支え方ができると、授乳もスムーズにいきやすい🤱

赤ちゃんに授乳するときって、赤ちゃんが大きくお口を開けた瞬間にタイミング良く乳頭を含ませてあげたり

赤ちゃんが飲みやすいように微妙な角度を調節してあげたりすることが大切なのですが

赤ちゃんの頭を上手に支えることができていると、そういうのもスムーズ👌


では、どのような頭の支え方をすると良いかというと

こんな感じ。

赤ちゃんの頭の支え方

赤ちゃんのお耳とお耳を親指とそれ以外の指で挟むように支えます。

親指をしっかり耳に掛けるのがポイント💡


後ろから見るとこう。

赤ちゃんの頭の支え方 後ろから見たところ

逆に、沐浴のときに赤ちゃんを浴槽の中に落としてしまったり、授乳で手を傷めたりしやすいのはこういう支え方。

手を傷めやすい赤ちゃんの頭の支え方

はじめはなかなか難しく感じる方も多いかもしれません。

でも、慣れてくると自然にできるようになってきますよ😆

本質的にはコップを持ったりするのと同じ動きなので、チカラが抜ければ誰でもできるはず✌️


コロナ禍の現在、リアルでの沐浴クラスを再開できていない病院や保健所もまだまだ多いのが現状。

貴重な機会なので、受講する際はしっかりポイントを押さえて体験できると良いですね😆


みあれ助産院ではオンラインやご自宅でプライベートな両親学級をご提供しております。

赤ちゃんの頭の支え方の練習も、自信がつくまで練習できるところが好評です✨✨


詳細はこちらのリンクからご確認くださいませ。

お申込みお待ちしてます😆



関連記事

すべて表示
bottom of page